江戸の彼方で逢いましょう

趣味100%で構成されております

【メモ】対エースバーン用ABエースバーン


f:id:dice_poke:20200624110637j:image

6世代、かつてレート内で暴れていたガルーラに対面強いABガルーラというものが流行った

 

現在採用一位のエースバーンを止めるのはまたエースバーンではないか、ということでABエースバーンについて考察してみた

 

 

HBは陽気珠ダイジェットは耐えたいので努力値効率のいい(多分)H12B220は確定、残り276をどこに振るか考える

 

 

陽気の場合

 

A252でも確定耐えされるため火力アップアイテムが欲しい

耐えた後攻撃して落ちたら意味ないので珠は除外

主な有効打はダイジェットになるためするどいくちばしを持たせることで無振りエースバーンを確定で落とせるためこれで確定

 

陽気①

@くちばし

157(12)-168(252)-123(220)-☓-96(4)-156(20)

 

陽気珠エースバーンのダイジェット(=膝)耐え

H4エースバーンダイジェットで確1

最速ドリュウズ抜き抜き

 

 

【修正】

意地140S132のほうがAが1高くなるみたいです

こっちにしましょう

 

陽気②

@くちばし

157(12)-161(196)-123(220)-☓-96(4)-163(76)

 

上記の調整からAを削って最速ミミッキュ抜きまでSに振ったもの

対エースバーンへは乱数(75%)になるが珠ダメ込みなら確定で落ちるのでそこが気にならない人向け

 

アイへを採用するならこちらか

 

 

 

意地の場合

 

くちばしを持たせる場合火力は陽気で充分なため意地でできることは、火力アップ以外の持ち物を持たせること、もしくはHのほうに大きく振ることで特殊方面の耐久を上げることのどちらかになると想定

 

意地①

@ラム

157(12)-183(244)-123(220)-☓-96(4)-143(28)

 

H4エースバーンダイジェットで乱1(50%)←珠ダメ込みで確定

A+1ダイジェット(=膝)でカバ確2

S+1で最速ドラパ抜き

 

対エースバーン性能を高めつつ受けに強いラムビルド型が可能に

受けにくさは随一だが初速がキッスやギャラに抜けないのがネックか

 

 

意地②

@くちばし

187(252)-168(132)-102(52)-☓-96(4)-147(60)

 

H4エースバーンをダイジェットで確1

最速ギャラ抜き

 

Aを持ち物で補い、エースバーンの珠ダイジェット耐えをキープしつつ特殊耐久を高めるべくHに振ったところ、もはやABではなくなったやつ

 

 

ダイマを切ることでキッスの悪巧みダイジェットや素インテレオンのハイドロカノンを耐えることが可能に

ぶっちゃけ弱そう

 

 

最後に

 

全部机上論なので興味が出て試した人は感想ください

 

【剣盾S4構築】晴ーレムキングダム【最高400位最終爆死5桁】


f:id:dice_poke:20200401123453j:image

ポケモン記事は久しぶりのdiceです

 

今回は爆死こそしたものの自分の構築が組めたと思ったので記事に残しておきます

 

晴れを組みたい人に参考にしてもらえれば幸いです

そして改良案をパクらせてください

 

 

 

 

【構築】

 

シーズン4新要素を加えたいと考え、ラプラスの増加が考えられるので選出を抑制しかつ対面でも有利に取れるそうな晴れ始動+弱保バナ+チョッキカビゴンから構築をスタート

ラプラスをさらに抑制し晴れエースにもなり受け崩しにもなるアタッカーとしてサンパワーエレザードを採用

晴れ展開を阻止しにくるバンギ、カビゴンに強くコータスとの初手対面有利をねらってくる襷ドリュウズ、鉢巻ヒヒダルマに対面から勝てるハガネールを入れた

ラスト1枠はステロ展開からの抜き性能の高い剣舞ラムルチャブルを採用していたがドラパルトが重かったのでダイジェッターをトゲキッスに変更し構築が完成した

 

 

 


f:id:dice_poke:20200323111402j:image

コータス@熱い岩

冷静H252C44D212(最遅個体)

放射 地割れ あくび ステロ 

C:晴れ下放射でH252ドラパの身代わり確定破壊

残りHD

 

晴れ始動要員

初手身代わりドラパが異常に多かったので身代わりを壊せるまでCを振り、残りを生存能力を上げるためDぶっぱ

シーズン3で増えたトリルミミドサイの返しとしてソラビを持たしていたが急に見なくなったので構築単位で重いピクシーを飛ばす地割れに変更した

 

こいつに零度撃ってくるラプラス使いは許さない

 

 


f:id:dice_poke:20200323111415j:image

フシギバナ@弱点保険

控えめH44C252S212

リフスト ヘド爆 ウェザボ †眠り粉†

H:ダイマ時にキッスの珠ダイジェット確定耐え

S:余りぶっぱ

 

 

最初に軸みたいに書いたがあんまり出さなかったエース(仮)

ダイマを切れば不一致晴れ下のダイバーンくらいは耐える耐久があるので弱保発動機会はそこそこにあった

中盤までは大地や成長を持たせていたが、選出率が悪かったのでエースバーンドラパドリュウズのようなこの構築では無理な並びを†バナ・ララバイ†でワンチャン無理やり突破するため眠り粉にした

 

命中の体感はおおよそ5割、もう少し頑張りましょう

 

 


f:id:dice_poke:20200323111426j:image

カビゴン@チョッキ

意地 AB252D4

のしかかり ヘビボン 雷パンチ 地震

 

過労死枠

キッスラプギャラが見えたらとりあえず出してたのでほぼ皆勤賞

特に言うことない無難な強さだったが鬼火を一度も避けなかったりキッスを受けに出したら燃やされたりする何かと自覚が足りない子だったのが惜しい

 

 


f:id:dice_poke:20200323111438j:image

エレザード@珠

臆病CS252 D4

10万 草結び ハイボ 竜波

 

真の晴れエース

サンパワー+珠で眼鏡レボルト級の火力が出てなおかつS109から打ち分けができるのが強く、ドラパのいない構築相手なら大体荒せる今シーズンの相棒

電気+草技で低速受け構築に強いのもgood

晴れ枯らし身代わりを貫通してくれるのが偉いけど今期はゴーストタイプが身代わり貼ってくるのが辛かった

 

たまに気合玉が欲しくなるが押したくないので不採用

 

 

 


f:id:dice_poke:20200323111449j:image

トゲキッス@ラム

臆病CS252H4

エアスラ マジシャ 放射 悪巧み

 

雑に入ってきて雑に強い諸説枠

特殊か鬼火ドラパがうっとおしくて入れたけど普通に選出されてた

よくいるやつなので特に言うことがない

 

ダイバーンで晴れさせてバナと合わせて上から殴れるけどその機会はほぼなかった

 


f:id:dice_poke:20200323111459j:image

ハガネール@カゴ

呑気HB252A4

ジャイロ ボディプレス 鉄壁 眠る

 

構築の守り神

陽気ドリュウズ地震をニ耐えする耐久力を誇り、流行りのカビゴンをおおよそ破壊してきたポケモン

 

物理で役割集中されるパターンが多いので眠カゴで採用

頑丈との相性もよく、対面後攻眠りでダイマ3ターン切らすプレイングも何回かあった

 

 

【選出】

・ハガネカビ+キッスorエレザード

実は一番多かった選出

受けながらダメージ蓄積させて高速アタッカーで抜く

 

 

コータス+バナorエレザード+カビorハガネ

晴れ展開

受け系や初速の遅いポケが多ければエレザード、きつければバナを出す

ミトムやアシレーヌが見えてればバナスタートもあり

バナエレザード両選出はガチガチの積み構築相手に隙を与えたくない時とかにたまにやる

 

 

大体この2パターンなのでどっちのパターンか決めるだけでよく、選出時間が短かったので選出画面段階で相手を焦らせることが可能()

 

 

【最後に】

 

ここまで読んでくださりありがとうございました

 

来期はカビハガネと相性のいいエースアタッカーを探す旅に出ます

ドラパに強いポケモンください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:dice_poke:20200401105911j:image

 

タイトルの元ネタはSMEEから2月末に発売されたエロゲ、「ハーレムキングダム」です

このゲームは5つあるルート全てが「ハーレムエンド」という異色の作品になっています

 

ハーレムものだが基本的にギャグで笑えるテキストでサクサク進められ、クセがあるものの普段エロゲをやらない人でも楽しめる仕様になってます

 

1ルート2時間程度で終わる手軽さもいいですね(逆に慣れてる人には物足りないかも)

 

SMEEは笑えるテキストでかつちゃんとイチャラブもやってくれるので普段ゆずくらいしかやりません!って人もちゃんと楽しめるので触れてほしいですね


f:id:dice_poke:20200401105456j:image


f:id:dice_poke:20200401105525j:image


f:id:dice_poke:20200401105628j:image

 

大体こんな感じです、気になるキャラがいてノリが好きそうならやりましょう

 

 

プレイ済みエロゲランキング【随時更新】


f:id:dice_poke:20200226043517j:image

サムネ用

 

 

 

評価の基準

S→自分に何か影響を与えるレベルで好きになった作品群

A→性癖ぶっ刺さりシリーズ、この辺までは人に自信を持って勧められる

B→気になる点はあれど美少女ゲームとしてお値段以上に楽しんだと思うゲーム、まあ人に勧めてもいいライン

C→好きになれないところもあるけど普通に遊べたゲーム

D→は?

 

 

同ランクは上のものが好評価

視覚情報が一番印象に残りやすいタイプのオタクなのでイラスト、キャラデザがいいものが上に残りやすいかもしれない

 

シリーズものは最初の作品の名前になってます

 

あくまで個人的な評価なので異論は認めるが基本変更はないです

 

新しくプレイしたゲームやシナリオ考察によって変動あり(随時更新)

 

 

 

【S】

 

さくら、もゆ。

・幸せになるために辛くて長くて優しいお話

自分が美少女ゲームに求めていたものの全て

Summer Pockets

・夏の思い出、知らない場所での物語なのに懐かしさを感じる

 全ての√がツボ

抜きゲーみたいな島に住む貧乳はどうすりゃいいですか?

・ギャグゲーの金字塔

ここまでやりたいことを突き進んだゲームは他に知らない

サクラノ詩

・才能とは何か、人の夢とは何か、色々考えさせられたお話

めちゃくちゃ長いが読むのが楽しかった

パルフェ

・最強の純愛ゲーム

由伽子は仁の嫁、カトレアは俺の嫁

金色ラブリッチェ

・シナリオに振り切った泣けるキャラゲー

ヒロイン全員金髪はSAGAさんおかしくなったと思ったけど泣かされるとは…

FDは諸説

蒼の彼方のフォーリズム

・架空のスポーツをここまで熱く描けるのがすごい(こなみ)

明日香とみさきの対比が好きすぎた

リトルバスターズ!

・笑える日常と終盤一気に泣かせに来るシナリオの安定と信頼のkey

音楽が最強すぎる

 

【A】

 

月の彼方で逢いましょう

・キャラもシナリオも癖が強いが本当に魅力的に描かれた作品

楽曲やCGについては褒めるところしかない

9nine

・話題の4分割ゲーム

尻上がりに面白くなり、最終作の出来は近年トップクラス

キャラもかわいいし全体的な満足度は高い

素晴らしき日々

・哲学ゲー、頭悪すぎて多分本来の半分くらいしか理解してない

それでもプレイヤーに訴えてくるものが多くて度肝抜かれた

Re:LeiF

・社会人ぶっ刺さりゲーム、思い当たる節が多過ぎて共感で辛い

ユウ√も作って; ;

景の海のアペイリア

バカゲーと思いきや序盤からちりばめられた伏線からの怒涛の回収が見事だった

考察しながら進めていくのが本当に面白い

G線上の魔王

・あからさまなシナリオ変更があるもののラストシーンで全てをぶっ飛ばした

自分の初エロゲでもある

いろとりどりのセカイ

・真紅ゲー

登場人物がひたすら不器用で苦しんで、それでも幸せに向かっていこうとするのが好き

making*lovers

・イチャラブゲーの完成形(個人差あり)

ヒロイン同士の横の繋がりはほぼないがその分二人の関係性を丁寧に描写しててよかった

北大路可憐という女が刺さりすぎた

グリザイアの果実

・登場人物全てが暗い過去を持ってるがそれぞれが苦悩しながらも抗っていくのが好き

最強主人公はいいぞ

はつゆきさくら

・グランドエンディングが強すぎる

主人公のクセがあるが他のシナリオも安定して楽しめた

どっちのiが好きですか?

・1キャラに2√存在する異色ゲーム

イチャラブゲーやりたければこれ

サノバウィッチ

・ゆずなのにシナリオが面白い(思い出補正あり)

キャラの破壊力が高くて砂糖吐ける

アマツツミ

・CGもキャラもシナリオも高水準なゲーム

やばい主人公だと思ったけどヒロインを通じて成長していくのが面白かった

星織ユメミライ

・学園編と社会人編にわかれる長編純愛物語

どの√も学園から結婚までやるので恋愛を通じて人の生き方を追体験したような感覚でプレイできた

アオイトリ

・安定と信頼の高水準ゲーム

それぞれ特殊な立ち位置から幸せに向かっていく姿勢が好き

マルコと銀河竜

・最強クラスの物量で最高のCGやキャラをぶつけてくるクオリティの化け物

新しいノベルゲーの形を見せてくれた

ISLAND

・全オタクが大好きなタイムリープもの

よくあるタイムリープのテンプレをひっくり返してきていい意味で全く先が読めなかった

ATRI

美麗なCGが楽しめる低価格ゲー

シナリオもAIヒロインの感情の問題がうまく扱われ、油断すると泣く

まいてつ

・異次元のe-moteとCGで視覚で楽しめるゲーム

ロリコンじゃなかったのにロリコンにされた

ノラと皇女と野良猫ハート

・ハイテンションギャグゲー

キャラ同士の掛け合いが面白くて退屈する暇がなかった

 

【B】

 

DRACLIOT

・安定と信頼のゆずゲー

ゆずの中で主人公が一番イケメンだった

きまぐれテンプテーション

・イチャイチャキャラゲーだと思ったらそんなことなかった

ロープラだがBADも含めて全てのシナリオが面白い

フレラバ

・純度の高いイチャラブ学園もの

かわいいキャラと軽快なテキストで不快感が全くない良作

彼女のセイイキ(学校未プレイ)

・二人の関係性を丁寧に突き詰めてく話大好き

楽曲が最強

車輪の国

・シナリオ最強だがヒロインよりも男キャラが好きになる謎のゲーム

ものべの

ロリコン殺戮ゲーム

CGの強さがエグい、性癖曲がる

月に寄り添う乙女の作法

・男の娘ゲーの金字塔

ルナ√だけならS級に面白いのに他が残念

アストラエアの白き永遠

・FAVORITEの誇る音楽最ゲーム

ロリコン製造機

星空のメモリア

・突出したところはないけど全てが高水準なゲーム

夢ルートが正史(戦争)

whitealbum2

・主人公の言動が理解不能すぎて全く感情移入ができなかったやつ。楽曲は神

絆きらめく恋いろは

・美少女+剣はいい文化

シナリオのボリューム不足は感じるが爽快でサクサク進められた

のーぶる☆わーくす

・ゆず最後の普通の学園もの

ゆずソフト系で一番恋愛描写が好きだったりする

ワガママハイスペック

・Theキャラゲー

キャラの破壊力と掛け合いの強さだけでゴリ押ししてくるゲーム(褒め言葉)

オトメドメイン

・言わずと知れた男の娘ゲー

シナリオも山谷あってわりとすき

千恋万花

・ゆずの中でも音楽関係が極めて強い

茉子かわいい

時計仕掛けのレイライン

・伏線回収が見事なゲームだったけど記憶に残るようなシーンがあんまりない

 

【C】

 

花咲ワークスプリング

・Theキャラゲー

くそ雑なtrueがなければBでもよかった

RIDDLE JOKER

・いつものゆず

sugar*style

・かわいいとギャグとノリが全てのキャラゲー

同じようなノリが多く、バリエーションが欲しかった

恋愛借りちゃいました

・ギャグよりのキャラゲー

登場人物にクセがあり、CGはかなり好き

ハーレムキングダム

・異色のハーレムゲー

キャラはかわいいしギャグも面白いけど心に残らないタイプ

天神爛漫

・今のところゆずの原点であろう作品

発売当時のノリが強い

喫茶ステラと死神の蝶

・ルート毎にシナリオの差が大きすぎる

いつものゆず

推しのラブより恋のラブ

イチャコメ百合ゲー

黒髪社会人オタクと金髪JKギャルとの百合は最高って古事記にも書いてある

神様のような君へ

イラストとキャラ設定は有能

ただツクヨミ√以外の話のシリアス部分が突拍子のない感じになってて微妙に感じた

沙耶の唄

・正直時代で評価された作品だと思う。今やってもそんなに面白くはないと感じる

ことのはアムリラート

異世界語を一緒に勉強する異色の百合ゲー

勉強は面白かったけどシナリオが薄め

クダンノフォークロア

・都市伝説を扱った推理ゲー

思ったより百合ゲーしてた

天色アイルノー

・独特な世界観が生かし切れてなかった

キャラはかわいい

 

【D】

 

流星ワールドアクター

中途半端の極み

Deep one

・詐欺

 

 

 

 

おまけ

【これからプレイ予定の積みゲー

アオナツライン

お家に帰るまでがましまろです

借りぐらし恋愛

銀色遥か

clover days

この青空に約束を

ショコラ

初恋1/1

ニュートンと林檎の樹

ハピメア

未来ノスタルジア

リップル

恋愛借りちゃいました

【ネタバレ微々】どっちのiが好きですか?感想


f:id:dice_poke:20200201163130j:image

 

 

【ゲームの特徴】

 

なんと言っても各ヒロインに「リードする」「リードされる」という2つのルートが用意されているのが最大の特徴


f:id:dice_poke:20200204145049j:image

ちょっとエッチシーンが変わるくらいかなと思ってたらシナリオ丸々別だったので驚きのボリュームでした

「キャラの二面性」が死ぬほど好きなので購入の決め手でもありましたね

 

同じヒロインでも違う角度からの魅力を楽しめるし、シナリオだけでなく片方のルートしかないCGやえっちシーンがあり、片方のルートが終わった後でも新鮮な気持ちで別ルートに入ることができたと思います

 

それにもう1つの特徴として「EXピロートーク」があります


f:id:dice_poke:20200201162715j:image

ようは事後のシーンでキャラにタッチして反応を楽しむというもの

ピロートークシーンも好きでここに拘ってるゲームは基本的に評価高めなので大好物でした

「終わった後に甘えてくる彼女が頭撫でて欲しそうにしてて察してるけどあえて胸触りにいって怒られたさすぎるな」みたいな某実況者のキツツイートみたいなことができるわけですよ

控えめに言って神システム

 

 

【音楽】

ボーカル曲はOPEDの2曲

OP「僕らのwatercolor」

青春ものっぽく疾走感があり、これからの出会いを予感させる曲

ED「イリデッセンス」

これからも二人の幸せを感じさせる優しくも力強いED

 

どちらもとても作品にマッチした良曲でした

 

https://youtu.be/ocNyy3U0-8I

主題歌だけ乗せておきます

 

 

 

【各ヒロインルート感想】

 

種村小柚子(CV花園めい)


f:id:dice_poke:20200201163639j:image

学業優秀容姿端麗、それでいてノリもいいパーフェクト元生徒会長

一人暮らししていた場所が違法建造物であったことが発覚し、急遽主人公のアパートに引っ越してきたお隣さん

主人公のボケに付き合ったりストレス発散にバッティングセンターに行くなど万能型お姉さんキャラなのに親しみやすさを感じさせてくれるヒロイン

 

<リードするルート>

 

リードするとは言っても相手は年上のお姉さん

最初の告白からして相手に一枚上をいかれてしまうわけですがそれがこの小柚子先輩の良さでもあるですよね

そう簡単には手綱は渡しませんよと

ただそれでも主人公がリードしようと(小柚子先輩のフォローの元)あの手この手で頑張る訳ですが次第にあの小柚子先輩が甘えてくるようになる過程が最強でした



f:id:dice_poke:20200204105226j:image

 

ピロートークシーンのあの甘えた表情は反則だと思うの

 

<リードされるルート>

 

やっぱり年上お姉さんに手を引かれて、っていうのは全男の理想なんだということをまざまざと見せつけられたルート


f:id:dice_poke:20200204105326j:image

序~中盤は特に気持ちいいくらいに引っ張ってもらいましたね

 

このルートでは先輩の家庭、将来の話まで踏み込んでいてそこに主人公がフォローしてあげるっていう関係性が良かったです

 

他のルートでも言えることですがリードされると言っても男としての見せ場もしっかりあるのがこの作品のいいところでもありますね

 

 

四谷・グレンジャー・ハンナ(CV歩サラ)


f:id:dice_poke:20200204105710j:image

近くのお嬢様学校に通う主人公の学校でも噂になるレベルの美少女

お嬢様+元海外暮らしというわけで無知系のシチュエーションがとても似合う

 

とにかく素直なので一直線にぶつかってくるヒロイン

 

 

 

<リードするルート>

 

リードするルートでは恋愛初心者のハンナと交流を続けることで徐々に甘え上手になってくるのが良かったです

妹ちゃんと仲良くするとヤキモチモードに入るのもかわいかったですね


f:id:dice_poke:20200204110546j:image

 

このルートもハンナの人となりを形成した家族の話になりますが一度決めたら暴走しがちなハンナを主人公がしっかりリードしてくれていいエンドに導いてくれてホッとしました

最後びっくりしたぞハンナァ!

 

<リードされるルート>

 

リードされる方では決めたことには一直線のハンナを主人公がフォローしていくお話

リードする方も特に終盤はそういう感じで進んでいたので四人の中では一番差違が感じにくいと思いましたf:id:dice_poke:20200204111022j:image

 

とにかくドストレートにしたいことや好意を伝えてくれるので終始ドキドキさせられっぱなしでした

 

こちらも家族の話を軸に進んでいくわけですがこちら側の話のほうがキレイな終わりかたに見えて好きでした

 

 

上ノ山芽愛(CV飴川紫乃)


f:id:dice_poke:20200204135621j:image

学校兼バイトの後輩

主人公にはわりとすでになついてて見かけるとセンパイセンパーイって走ってくるタイプ、かわいい

公式でどMって書かれてるけどそこまでMじゃなくてただのイジられ体質

イジってくれる人になつく

 

 

<リードするルート>

 

積極的に絡んでくるわりにこちらから追うと逃げちゃうタイプなので先輩としてリードしていくお話

バイトが同じで共通でも元々近い距離でしたがそこから恋愛感情に変わって戸惑うのが可愛すぎましたね

 

いざと言うときに弱気になっちゃう芽愛にもしっかり対話を重ねてうまくリードしていく主人公にも好感が持てました


f:id:dice_poke:20200204140529j:image

 

終始相手のリードに引っ張られてたのに最後に大胆な行動を見せてくれてとてもドキドキしました

 

 

<リードされるルート>

 

大好きなセンパイに釣り合う女性になるため芽愛が奮闘するお話

最初はやっぱりうまくいかなくて試行錯誤の日々で小柚子のリードするルートの逆みたいな印象でした

でも好きな人が頑張る姿が嫌いな男子はいないのでそういう一途なところが好き
f:id:dice_poke:20200204141252j:image

 

主人公も魅力的になっていく芽愛に信頼を置くようになり、関係性の変化を非常に楽しめる話でした

 

 

 

終盤に摩耶が正妻ムーヴをかましてきたのでどっちのルートかわからなくなった…

 

 

英摩耶(CV明羽杏子)


f:id:dice_poke:20200201163416j:image

 

圧倒的な口撃力で全生徒に恐れられるドS生徒会長

全ての人間にマウントを取りたがる

主人公との内申稼ぎのためのクラス委員長争いに破れた因縁を持つため、共通から言ったら言い返す、お互い遠慮のない会話が展開され、一番距離の近いヒロインでもあります



Sキャラは打たれ弱いというのは今や世間の常識ですが何を言われてもカウンターが飛んでくる鋼メンタルの持ち主だし、ツンデレ貧乳キャラなのに相手を貶めるためなら自身の貧乳(自己申告)ですらネタにしてくるというとにかくこれまでの定説が全く当てはまらないキャラ


f:id:dice_poke:20200201161013j:image

 

 

 

<リードするルート>

 

強気ドSキャラだが、自分と恋仲になったと知れると迷惑かかるので主人公との仲を学校では秘密にする等、相手を思いやったり素直な言動が目立ちました

共通で強力なキャラ付けを見せてきたのでそのギャップを楽しめるルートでしたね

これだけ強烈なキャラだと普通に乙女になっちゃうだけでも抜群の破壊力

f:id:dice_poke:20200201161519j:image

 

とにかくこの二人の会話(言葉の応酬)は見てて飽きなかったです

 

 

<リードされるルート>

 

今回は逆に主人公との仲を周りにアピールしたり、持ち前の「強気ドS」でぐいぐい引っ張ってくれるので英摩耶というキャラを存分に楽しめる話でした

 

やっぱ自慢したかったんですねw
f:id:dice_poke:20200201162217j:image
集中線とどや顔が似合う女

 

リードする方でもそうだけどとにかくこの二人の会話劇が非常に面白い

 

終盤では摩耶の過去にも踏み込んだ話もありびっくりな展開もあったがとにかく素ではしゃぐ摩耶が最後までかわいかったです

2019年に出たキャラでは最強クラスの破壊力を持っていました

 

 

あの涙はダメです僕が死にます

 

 

【総評】

コンセプトである「2つのルート」によりヒロインの魅力を余すことなく伝え、キャラゲーとして非常に完成度の高い作品になっていると感じました

 

コンセプト以外にも評価したいのが

・シナリオにダレがない

・主人公が優秀

の2点です

 

まず昨今のキャラゲーでよく見かけるの中~終盤の無駄シリアスが全くない

主人公とヒロインの関係性を意識してつくっているためか、2ルート作るボリュームのせいで入れる余裕がなかったのかはわかりませんが、個別ルートはデートや日常のシーンがほとんどで余計なシーンが一切無かったのが非常に快適でした

 

それとキャラゲーでも男主人公は魅力的じゃないと作品として許せなくなってる私ですが今回の「辻堂忠臣」という主人公はかなり良主人公であったと思います

 

とにかくヒロインとの会話が多く、問題があれば先送りにしないでその場で対話を通じて問題を解決する言葉を投げられる主人公でしたので不快感がほぼ0でした


f:id:dice_poke:20200204144254j:image

そしてかわいいとかありがとうをしっかりその都度伝えられるのでヒロインが愛されてるのを実感してるシーンが多いのも良かったです

こいつモテないって嘘でしょ…

 

 

とにかく不快な要素がなく、高品質なイチャラブをプレイできました

 

 

 

【最後に】

このゲームは純愛ゲーの中でもトップクラスに好きな作品になったので初心者含めまだ未プレイ者に強くオススメしたい作品です

 

ネタバレ込み込みの話もしたいのでプレイした後に声かけてくれると喜びます

 

ここまで読んでくださりありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リサちゃん攻略できるFDもしくはパッチはよ
f:id:dice_poke:20200204150049j:image

 

 

【ネタバレ込み】喫茶ステラと死神の蝶雑感


f:id:dice_poke:20200117215012j:image

こんにちわ、diceさんです

 

 

先日発売されたゆずソフトの最新作「喫茶ステラと死神の蝶」をクリアしたので色々書き綴っていこうと思います

 

 

【キャラ】

キャラデザとキャラ設定を見ただけで買いたくなる衝動に刈られるのは流石のゆず

特にナツメのキャラデザはゆず史上でもトップクラスによき

キャラの魅せ方に定評のあるゆずですが今回は特に√間に差があるような気がしました

ライターの格差こんなにすごかったっけ…

 

【音楽】

OPとEDが各キャラごとに用意されており、ボーカル付き楽曲が計6曲

OPは最初に聞いたときはインパクト不足かなって思っていたのですが聞けば聞くほど良く感じるスルメ曲

https://youtu.be/M-yz3abHY3o

EDは特に映像面に拘りを感じました

BGMは特にこれ、といったものは無かったが違和感もなく無難に良かったと思います

 

【システム】

必要なものは全部あり、フローチャートやボイス登録等至れり尽くせりのいつものゆずソフト

この当たりは他の会社も見習ってほしいところ

 

 

【あらすじ】

 

主人公、高嶺昂晴はある日、不慮の事後で死んでしまう

が、気がついたらその日の朝に戻っていた

 

事故が起きた場所に向かうと、そこには鎌を持った「死神」を名乗る女の子としゃべる猫に出会う

 

「まだ死は回避されていません」そう告げられ、死の運命から逃れるために何故か、喫茶の開店を手伝うことになる

 

死を乗り越えたが、死の因果から逃れるためには現世でのやりたいこと、目標を探すことが必要らしい

「せめて、彼女が欲しい、リア充になりたい!」

 

 

【簡単キャラ紹介】

明月栞那


f:id:dice_poke:20200109035813j:image

死者の魂である蝶を還す死神

下ネタを自分から振るほどおおらかだが自分に振られると弱いかわいい

膝枕シーンが多分に存在する隠れバブみキャラ、バブみ怖い

いつもの車の人、にひひ

 

四季ナツメ


f:id:dice_poke:20200109035828j:image

ゆずソフト随一顔がいい女(自分調べ)

大学では異性から絶大な人気を誇るも告白は全て断り、「孤高の撃墜王」の異名を持つ

冷たい印象だが話してみると意外とノリがいい

かわいい

 

墨染希


f:id:dice_poke:20200109035844j:image

主人公の幼馴染

家に来ては朝ご飯を作ってくれる仲であり、放っておいても勝手にルートに入って幸せになる気配しかない

年は下だけど主人公とは冗談を言い合ったり砕けた対応をしてくれる、かわいい

その体で異性として見れないは嘘でしょ

僕のママ

 

火打谷愛衣

喫茶ステラ準備期間に希望して入ってきたバイトちゃん

希の昔からの友人であり、ナツメの通っていた学園の生徒だったりと他ヒロインとの繋がりを持つ

明るい性格に隠れガチだけどかわいいもの好きでめっちゃ乙女

元水泳部らしく日焼け跡がえっち

ドエロ谷愛衣


f:id:dice_poke:20200109035856j:image

 

汐山涼音

喫茶ステラのキッチン担当のお姉さん

プロのパティシェで、喫茶ステラの生命線であり裏のボス

仕事はキッチリこなすが、私生活は大雑把だったり

ゆずのサブキャラは賑やかし担当みたいなのが多い印象だったけどどの√でも先輩として主人公の背中を押したりとサブとして超有能キャラ
f:id:dice_poke:20200109035908j:image

 

 

 

以下ネタバレ込み個別√感想なので未プレイは回れ右

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【栞那√】

共通の目的で行動する死神さんと次第に恋に堕ちるお話

と聞くとなんだかヤバいお話に聞こえるけどわりと普通です

 

主人公君が友人から恋愛事に悩んでいる人がいるということで相談を受けます

早速その人と話をするのですが自己評価が異常に低く、恋愛にネガティブになってしまったことで蝶を呼び寄せてしまいました

同じく自己評価の低い主人公君と同期し、蝶に飲まれそうになりますがなんとか正気を保ち、無事相談に乗って解決に導くことができました

自分も自己評価に乏しい人間なので同期しかけました、危ない


f:id:dice_poke:20200118163443j:image

そこで自分の恋愛にも積極的になりたいと思う主人公君が、過去に一緒にスマホを買いにいったりしてちょっといい感じに思っていた栞那をデートに誘います

栞那も死神なのでそういった遊びには慣れてなくて遊園地で一喜一憂する姿は可愛かったですね

 

そこで告白しようとするも告白する気配を察した栞那は、死神の成り立ちを話すことで牽制します

死神は蝶の成れの果ての姿で一定の仕事をすると現世に人として転生する存在なので付き合ってもなんの益にもならない、だから付き合えないということですね

そこで一旦解散しますが諦められない主人公君は再度告白し、転生するまで限定、自分が消えた後も笑っていて、という条件付きで交際します

その期間を恋人として過ごすも、残されていた時間は短く、二度目の遊園地デートで消えてしまいます

観覧車でのやりとりは主人公君を思う栞那の心情が伝わってきて好きなシーンの一つですね


f:id:dice_poke:20200117145809j:image

 

過去作であるサノバウィッチの寧々ルートでも似たような展開がありましたが今回はどう転ぶかワクワクしてました

 

笑顔でいるという約束も栞那をなくした喪失感から守れず、その感情から主人公君は再び能力が発動し、蝶パワーで栞那が復活!

 

はい、ガッカリポイントです

死神という存在上、消えたままビターエンド、もしくは転生先と出会う展開がベターかなぁと想像しながらワクワクしてましたがまさかの力業で感動の欠片もない再会になってしまったのが残念でした

 

先にあげた「サノバウィッチ」では柊史君の文字通り命賭けの賭け、賭けに反対しながらも後押しした七緒、そして2周目の寧々の孤独があったからこそ再会が「映えるシーン」として描かれていたが印象的でした

 

今回はわりと短いスパンで主人公君が根をあげて消えたヒロインとの約束も守れず、「生きたまま会いたい」と祈っただけで超パワーで復活してしまい何の葛藤もなかったでので全く心が動かされなかったというのが正直なところ

 

それに序盤に死を回避して神的な者から命を狙われてたのにその力で新しい人間を作るのはセーフ、っていうのも納得は出来ませんでした(一応の説明はあったが)

 

 

 

その後は人間として生を得た栞那は住む場所も無いため、(一応)一人暮らしの主人公君と同棲を始めます

 

お互い自身の恋愛にはウブで一々エロいこと考えちゃうのは共感できて面白かったですね

誰だってそうする、俺もそうする


f:id:dice_poke:20200118163509j:image

 

希ちゃん裏で泣いてそう

 

 

その後主人公君と父親のわだかまりを解決すべく父親と対話する機会を作り、お互いの誤解も溶け、円満エンド

 

不器用な親子が、前世から孤独を見ていた栞那を通じてお互いに話し合い和解するシーンは好きな家族愛の話でいつものゆずらしく「イイハナシダナー」で終われただけに中盤のガバがホントに惜しいと思いました

 

「死神と蝶」の話の核心√でかつ、パッケージヒロインということで最後に回しましたが自分の感情に起伏が感じられず、少し残念な印象が強いです

 

 

あ、でもエピローグで主人公とヒロインの子供が出るのは好きだからもっとやってどうぞ



f:id:dice_poke:20200118163535j:image

 

【ナツメ√】

過去の出来事に捕らわれ、自己肯定感が薄い少女を救い、未来に希望を持たせるお話

 

普段は他人をあまり寄せ付けない雰囲気のナツメですが、店の開店準備や開店後の主人公君の働きに一目置くようになり自分からバーに誘って二人で飲むような仲になります

 

ゆずは学園ものを主軸に置いているのでお酒が絡むのは結構珍しいですね

 

普段はクールなキャラだけどほどよく酔って口が軽くなるナツメかわいい

こういうのもっとやってほしいですね、はい



f:id:dice_poke:20191224140440j:image

 

ナツメは過去に病気でクリパのタコパに参加できなかった、という愚痴を聞いていたのでクリスマスにタコパをしたり年末年始のイベントで出す屋台の準備を二人を中心にこなしたりと仲を深めていきます


f:id:dice_poke:20200116205148j:image

近づいてみると意外とノリが良かったり、好戦的な面があったりと新たな魅力が見れて個別に入ってからは付き合ってない状態でもこの辺は台パンしながら読み進めていました

 

屋台では中華マンを出す、ということになり主人公が冗談のつもりでいった「チャイナ服で売れば繁盛する」というのを主人公君への喫茶での恩を返すために自分から実践する健気さもたまりませんでしたね

 

前作ではコスプレする設定をつけながらも全く生かされなかったヒロインもいたので反省が生かされててとてもいいですね


f:id:dice_poke:20200118165530j:image

仲を深めるイベントと同時に話の本筋である蝶の話も出てきます

年末の屋台、そして一緒に初日の出を見に行くと、いい雰囲気になりナツメの方からキスをするもその場でははぐらかされてしまいます

 

 

後日主人公のほうから告白するも

「自分はもう長くないから」

と拒否を見せます

 

ナツメは過去に自分の病気のせいで周りとの温度差を感じ、親も自分達の夢である喫茶経営を諦めたと感じており自己肯定感が低い人間でした

そのため現世への執着が低く、蝶に引っ張られて下手すれば死んでしまう危険性をもっていました

それを危惧した栞那とミカドが、ナツメの夢でもあった喫茶開店を手伝い始めたという経緯がありました

しかし喫茶を始めた今でも親への罪悪感は消えず、そのうち死んでしまうだろうということでこれまで友達関係を諦め、主人公君の告白を拒絶しようとしました

 

懸念通りその後ナツメは倒れてしまうが、普通に目を覚まします

自分では未来はないと言いつつ、喫茶での充実感、主人公君への想いから現世に少しずつ希望を無自覚ながら持っていたんですね

 

まあそうじゃなきゃ自分からキスなんて云々


f:id:dice_poke:20200116211100j:image

目覚めた後に晴れて告白の返事をし、付き合い始めます

大学では抜群の人気をもっていたため、付き合い始めたことに不満を漏らすウェイどもが出ますがそれらを一蹴するナツメさんイケメンすぎますよ惚れた

 

その後はゆずお得意のスーパーイチャラブタイム

付き合ってからというか、自己肯定感への悩みが無くなってからはわりと積極的にくるのかわいすぎましたね

好感度もあがるにつれえっちにも積極的になっていくのもたまらんけしからん

 

最初のHシーン前に主人公君の袖を掴むシーン、あれを文字だけじゃなくて絵を用意してくれてたの50000000000diceポイント進呈したい


f:id:dice_poke:20200109034611j:image

 

最後は最初のメイド服で喫茶店をしたいというナツメの夢を叶えるべく主人公君が奮闘し執事イベントを開き、さらに昔の病院で合った知り合い達と同窓会をしてナツメの心残りを無くしていちゃラブend

 

過去を肯定し、付き合ったあの時点ですでにナツメの問題はほとんど解消されていたけども最後に心残りも無くしてあげるイベントがあったのは個人的にも良かった

 

それと僕はピロートークシーンが大好きなのでそのCGがあったのもポイント高いです


f:id:dice_poke:20200109044949j:image

進めば進むほどナツメというキャラの魅力が伝わってくる良ルートでした

 

 

【希√】

 

付き合いが長すぎて異性として見なくなった幼馴染との恋心を思い出し、添い遂げるお話

 

主人公君が死を完全に回避するため、「彼女を作る」と目標があったものの、それに繋がる行動をとれないままクリスマスを目前に迎えてしまいます

他のキャラのお膳立てもあり、希と某ネズミーランドデートをすることに成功します

あの距離感のやりとりをしておいてくっつかない違和感が他のキャラも感じていてよかった←

幼馴染の友達感覚の距離感からふとしたきっかけで異性を感じる瞬間が大好きなのであのシーンはかなりお気に入りです

CGの希の表情もgood
f:id:dice_poke:20200109044053j:image

 

その後、希の実家の神社に赤い蝶が見られ、アクシデントが多発するようになります

 

それを治めるため、毎年舞いを奉納していたが、神主である希の父がケガをしたことで舞いは中止、毎年呼んでいた巫女も来ないことが決定してしまいました

 

しかし、そうすると赤い蝶の影響が続いてしまうため、なんちゃって巫女だった希が奮起し、舞いの練習をします

舞いの練習やステラの仕事で希を支えることで互いの恋心が明確になっていく描写がいいですね

 

舞いが成功し、お互いが恋心を隠せなくなり、告白して付き合うようになります

希の方が、いつも見ていたから主人公君の気持ちに気づく展開控えめに言って超好き

「今は…墨染さん…かな」でトキメキが上昇しましたそうだよ墨染さんだよ!

 

その後希の方が幼少期から恋心があったことが発覚するんですけどこういう幼馴染がいるゲーム、秘めていた恋心を思うと他の√で少し悲しくなるのは僕だけじゃないはず


f:id:dice_poke:20200117141305j:image

 

そして付き合ってからもデートを重ねるもデート中車に轢かれそうになるなど、アクシデントが再開してしまい、赤い蝶が治まっていないことが判明します

その理由が栞那いわく「希の舞いが下手だったから」


f:id:dice_poke:20200118163559j:image

 

頑張ったのにかわいそう

 

結論から言えばその説も間違いだったしこの√死神サイドが露骨に無能すぎませんかね

一応メインヒロインなので他の√で無能感を出されてしまうと微妙な気持ちになってしまう

 

 

あと朝武さん、本当に一流の巫女だったんですね…


f:id:dice_poke:20200109051614j:image

 

その後、本当の伝承を知り蝶と対話することで平和的解決!なんだけど伝承部分はやるならもう少し掘り下げて書いて欲しかったですね…

赤い蝶にまつわる話が全て本や人伝の「伝聞」の形でしかなく、過去に酷いことをされたと聞いてもずっと他人事のように感じました

赤い蝶視点で昔の話をやればもうすこし物語に没入できたと思う

 

展開も良くも悪くも予想通りというか予定調和感が否めませんでした

 

 

幼なじみでキャラ性能が強く、付き合うまでの展開が良かっただけに核心部分を少し頑張って欲しかったです

 

最後のCGは希が成長してる感じが出てて好き
f:id:dice_poke:20200116211127j:image

 

【愛衣√】

友達を失ったことで部活から逃げ、バイトに生きる少女から友達を取り戻すお話

 

あるきっかけから愛衣にも蝶が見えていた(もやもやとだけど)ことが発覚します

愛衣はもやもやが見えたらそれを見ると消せる、つまり蝶を捕らえることができる異能者でした

そのことが死神の蝶を捕らえる業務に役に立つということで主人公や栞那の仕事に協力することになります

 

そのことから主人公君と愛衣が行動を共にしたり、一緒に帰ることが多くなります

 

そこからプールデートやお家デートを重ね、次第に親密な仲になっていくのですが、眼鏡愛衣ちゃんの火力がヤバコイルwwwでしたね

家だけとか勉強するときだけ眼鏡をかけるキャラは良キャラ

母親に聞き耳たてられて慌てる愛衣ちゃんも満点


f:id:dice_poke:20200116203837j:image

 

ここで二人の仲を端から見て気にしていたステラメンバーから女子会という名の尋問会が開かれます

主人公君と仲を深めていたものの「恋愛」という側面から逃げていたものの周りの推しもあり、好きを自覚していきます

ヒロインと1対1の作品もいいけどこうして他の√のヒロインも参加して色々してくれるの好きなので女子会の話は結構好きです


f:id:dice_poke:20200116203740j:image

年をとったせいか完全に涼音さんと同じ目線になるバグ

 

そしてバレンタインの日にまた主人公君と愛衣ちゃん二人でいつものショッピングモールに行き、ついに愛衣ちゃんから告白します

恋愛に奥手な主人公君が愛衣ちゃんの思わせ振りな行動に「勘違いしちゃうから…」と一回撒こうとしますが「勘違いしちゃってもいいですよ…」と勇気を出した初々しい告白は主人公君だけでなく全オタクに刺さったこと請け合いの作中屈指の良シーンでした



f:id:dice_poke:20200116204533j:image

これこそがゆずに求めてたものだ…

 

その後も恒例のイチャイチャタイム

 

どんどん性癖を晒すのに躊躇いが無くなってく主人公君に呆れながらも好きだから付き合っちゃう愛衣ちゃんが可愛すぎる


f:id:dice_poke:20200116205801j:image

 

その後は話の中軸にもなる愛衣の友達とのお話になります

 

かつて愛衣ちゃんは部活で伸び悩む友達に蝶を消す能力を「おまじない」と称して使っていたことで友達がそのおまじないに依存してしまいます

これはいわゆる「ズル」のようなものなので愛衣はおまじないをすぐに辞めてしまうのですが友達がこれに怒り、仲違いして愛衣は部活を辞めてステラにバイトに来ていたのでした

問題を解決するために友達と合って話をしようとするも罵声を浴びてしまい、ショックから今まで捕まえてきた蝶を解放してしまいます

そこに主人公君が駆けつけ、気絶した愛衣を目覚めさせることで愛衣の能力が覚醒します

ご都合主義に見えるが深くは考えるな、愛の力は絶対なのだ!

 

そこで蝶を垣間見た友人に事情を話して和解し、今後練習に付き合う約束をして解決

 

友人ちゃんにやむにやまれぬ事情があれば和解して大団円にも違和感が無かったと思うけど友人サイドがわりと純粋にクズだったので愛衣ちゃんが割りを食った感じでちょっとかわいそうでした

 

 

最後にめちゃくちゃ言ってますがイチャラブ側が強かったのでこの√はかなり満足度が高いです

 

 

【涼音√】

過去の失敗を引きずるキッチンのお姉さんとのお話

主人公君が彼女欲しいと言いつつ行動しないため、見かねた希が「もう誰か年末年始女の子を誘え」と言い出されます

ここで「希のヒモになりたい」と冗談で返すも「ホントにそうなりそうだから…」ってあれこれ希ルートだっけ


f:id:dice_poke:20200109034327j:image

 

失礼、話を戻します

それでこれまでキッチン同士で絡むことの多かった涼音さんの顔が思い浮かび、勇気を出して誘います

 

ここで涼音さんは正月の3日には実家から帰るからその日に、という約束することに成功します

年上だけど男性経験が無くて裏でドキマギするお姉さんキャラ、控えめに言ってすこ


f:id:dice_poke:20200109041927j:image

そして仲を深めていくにつれ、違和感に気づくようになります

前職場で「500円以内のものでおいしく作る」という議題のコンペで、味は勝っていたが値段が張ってしまったため他の人に負けた、と言っており、主人公君は納得していました

しかし納得していたら涼音さんに蝶が発生する理由が無いんですよね

 

そこで問い詰めたところ「本当は味でも負けていたんじゃないか」という不安が日に日に大きくなり、結果蝶を読んでしまうまでになってしまったとのことです

 

これを知った主人公君が涼音さんを支えたいと思い、私生活のお世話や、キッチン業務のバックアップ等奮起することになります

 

好きという感情からお互いが頑張れるシーンいつ見てもいいですね

 

そして前職場のオーナーが審査員の大会が開かれることを知りそこに向かって二人で頑張り、優勝して自己肯定を取り戻しend

 

 

サブヒロインということもありキャラの掘り下げも浅く、少し残念でしたが余裕の無い年上お姉さんとのあれこれはとてもかわいいので必見

 

涼音さんというキャラは頼りになるお姉さん枠で他√で輝くキャラだったなと再認識

 

【総評】

共通パートや日常シーンで魅せるかわいさは健在でゆずに期待していた「かわいいキャラとイチャイチャしたい」というのは概ね達成したと思います

ただ先の√感想で批判が目立つ要因としては「シリアスパートの転がし方が良くなかった」というところです

 

ゆずはこれまでシリアスパートを個別√によく使っていましたが、シリアスも「キャラの魅力を引き出すスパイス」として一役買っていました

例をあげると前作の「RIDDLE JOKER」では七海√では、仲違いする→→餃子パンパン→→かわいい

茉優√では、正体バレ→→くそ雑魚心理戦→→かわいい

みたいな

 

今回は核心部分ではそれのみに特化していたのか、キャラの良さがシリアスパートを通じて伝わってくるシーンが過去作と比べて圧倒的に少なかったように感じました

ゆずのシナリオに期待しているのは涙を流すエンディングではなくキャラのかわいさ一本と言っても過言ではありません

かわいさを犠牲にした割にシリアスパートが今回は雑さが目立っていたように感じてしまいTLの感想でよく見た「シリアスが邪魔」状態になってしまったように感じました

 

ゆずはこれまで「サノバウィッチ」や「DRACU-RIOT!」のような能力もので良作を出してきましたが近年はその影を追って失敗しているイメージがあるので「のーぶるわーくす」のような能力なしの学園ものがそろそろ見たいですよゆずソフトさん

 

わりとボロクソに言ってる感はありますが基本ゆずのイチャラブは好きな信者なので次の作品もおそらく買います

 

 

以上になります

批判多めな感想になってしまったので文句は受け付けます

最後まで読んでくださりありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

シリアスないゆずソフトがやりたいならまどソフトとかSMEEやればいいと思います

 

 

2019年美少女ゲーム雑感

 

みなさんこんにちは

2019年はえっちだったですか

 

私は大変えっちでした

 

というわけで私が今年プレイした美少女ゲームをまとめていこうと思います

 

全部感想垂れ流してたらくそ長くなるので今年発売したものだけは簡単に書いていきます

 

早い話自分のオナニー記事なので悪しからず

 

 

【今年やった美少女ゲーム一覧】

 

FDや続編も込みでプレイした場合はシリーズでまとめてます

順番は多分やった順番

 

アマツツミ

アオイトリ

さくら、もゆ。

金色ラブリッチェGT

星空のメモリアシリーズ

9nine はるいろはるこいはるのかぜ

アストラエアの白き永遠シリーズ

いつかのメモラージョ

making*loversシリーズ

抜きゲーみたいな島に住む貧乳(わたし)はどうすりゃいいですか?シリーズ

流星ワールドアクター

きまぐれテンプテーション

sugar^styleシリーズ

時計仕掛けのレイラインシリーズ

月の彼方で逢いましょう

景の海のアペイリア

喫茶ステラと死神の蝶(途中)

 

FDなんかも含めると20タイトル近く

 

社会人しながらこの本数やってるのはリアルお察ゲフンゲフン

えぐい外れ作品はそんなにないです

 

 

ただし流星ワールドアクター、てめーはダメだ

 

 

【今年発売したゲーム感想】

 

sugar^styleシリーズ


f:id:dice_poke:20191229213858j:image

1月25日発売

 

前作の「making*lovers」が僕の性癖にクリティカルヒットし、フォロワーのプッシュもあり購入

女子だらけの寮に入寮し、その中で認められるために行動することで誰かと付き合うようなお話

making*loversでみたパワーのあるやりとりやノリは健在でイチャラブ+ギャグが好きな僕はとてと楽しめた

一番好きなのは晴ちゃん

オシャレには気を使っているが寮ということで油断した格好が見れたりするのが強い

無自覚なエロが強いのは周知の通りである


f:id:dice_poke:20191230144012j:image

 

半年後にFDが出るというスピードプレイに不安になったがキャラの良さを損なわず、自然なアフターで楽しめた

 

 

 

さくら、もゆ。

f:id:dice_poke:20191229214439j:image

1月31日発売

 

僕の中では今までやったエロゲーの中で一番好きといってもいい名作

10年前に魔法少女として敵と戦った彼女らとのその後のお話

FAVORITEの作品はいろとりどりシリーズ以降2作目のプレイであり、今回も例によって癖の強い作品だったけど僕にはぶっ刺さった

 

他人のために、幸せのためにここまで身を削った作品は他に知らない

終盤に一気に来る伏線回収に涙が止まらなかった

やってない人には是非やって欲しい一本

 

思い出に残りすぎてFAVORITE社のライブでこの作品の曲がいきなり流れてて涙腺が即死した

クローーーーーー


f:id:dice_poke:20191230144734j:image

 

 

金色ラブリッチェGT


f:id:dice_poke:20191229215536j:image

2月22日発売

 

ヒロイン全員金髪というキャラゲー、ネタゲーに見せて多くのプレイヤー泣かせた名作、「金色ラブリッチェ」の続編

前作ヒロインのアフター、前作で攻略できなかったキャラの専用ルートがある

 

前作でメインヒロインの妹、ミナちゃんが攻略できなかったことで暴動を起こそうと目論んでいたが、今回無事にヒロイン昇格

かわいすぎてこのルートだけでも買う価値があると感じた


f:id:dice_poke:20191230145327j:image

 

前作で泣かせにきたヒロインのアフタールートはかなり諸説あるので注意

 

 

いつかのメモラージョ


f:id:dice_poke:20191229214824j:image

3月15日発売

異世界異世界語を一緒に勉強するという異色の百合ゲーの続編

言葉の通じる異世界転生は甘え

 

ヒロイン(?)の過去話とアフターがあり、そこまで高くないので充分に満足する内容だった

前作から間があったので前に勉強した異世界語を忘れかけてたのは内緒

 

 

抜きゲーみたいな島に住む貧乳(わたし)はどうすりゃいいですか?2


f:id:dice_poke:20191230142050j:image

7月26日発売

 

話題作にてある種問題作のぬきたしの続編

 

前作から変わらない意味不明なワードが飛び交い、気づいたらこっちがそれらに違和感を覚えなくなっていく危険なゲーム



f:id:dice_poke:20191231152151j:image

あらすじを見てもなにもわからない…

 

とにかくオタクの好きを全部詰め込んだような作品

前作では敵であった組織の子も攻略可能となっており、泣かせる展開や熱いシーンも健在

 

礼先輩とヒナミの絡みが好きすぎる


f:id:dice_poke:20191231152323j:image

 

流星ワールドアクター


f:id:dice_poke:20191230142631j:image

7月26日発売

 

よう実の作者である衣笠氏が久しぶりにエロゲに帰って来た!

しかし蓋を開けてみればほぼ全てのルートでシナリオの問題を解決せず丸投げで終わる残念仕様

続編が出るらしいけど続編ありきでこの出来でフルプラ?って思わざるを得なかった

 

世界観やキャラは印象的であったため非常に残念

 

 

月の彼方で逢いましょう


f:id:dice_poke:20191230142753j:image

6月28日発売(間違えてました、すいません)

 

 

 

「もしも過去にメールが送れるとしたらどうな後悔をやり直しなしますか?」というお題のシナリオゲー

メールを送りやり直すルートと送らないで今を生きるルートがありどちらも「主人公の生きざま」が色濃く出ていたのかな、という印象

うぐいす先輩ルートでガン泣きし、途中の選択に物申したくなることもあったが、あれが主人公の生き方なんだなと思うことで納得した

あの日記は卑怯だ…

メインヒロインルートもさることながらサブルートも充実しておりかなり完成度の高い作品だと感じた

 

サブヒロインの一人が35歳って言ったらいつもよりふぁぼついたんだけどポケ勢年上好きか?


f:id:dice_poke:20191231175515j:image

 

 

きまぐれテンプテーション


f:id:dice_poke:20191230143021j:image

9月27日発売

 

この子↑が可愛すぎて買った

最初から着替えで遊べるモードが解放されており、ひたすらアンネリーゼちゃんを愛でるだけの作品と思いきやまさかのホラーもの

 

アンネリーゼちゃんとのやりとりも軽快で楽しいだけでなくシナリオも充分に楽しめるものであり3000円超のものにしては破格の性能を持っていると思う

 

アンネリーゼちゃんは2019年キャラデザ賞をあげていい
f:id:dice_poke:20191231175836j:image
f:id:dice_poke:20191231175903j:image

どの服装も似合うなあ!

 

 

 

喫茶ステラと死神の蝶


f:id:dice_poke:20191230143137j:image

12月20日発売

 

安心安定のゆずソフトの新作

まだ全部終わってないがいつものゆずソフトって感じでキャラの強さは健在

 

デートや告白シーンでキュンキュンさせたり、とにかくキャラのかわいさの見せ方がうまいなといった印象

 

ナツメの最初のキスシーンと愛衣ちゃんの告白シーンが狂おしいほどすこ

 

メインである栞那ちゃんをまだやってないので非常に楽しみ

 

 

 

以上9作品です

 

 

少ないと思ったかたは立派なエロゲーマーですので僕ではなく専門の方の記事を漁ることをオススメします

 

特に今年は「さくら、もゆ。」「ぬきたし2」「月かな」の3つが強かったので気になる方は是非プレイしてみてください

 

それでは2020年もえっちな年にするべく、よい年越しをしましょう

 

よいお年を!

 

 

 

 

 


f:id:dice_poke:20191231181750j:image

【剣盾シーズン1】炭と羊と青【マスボ級】


f:id:dice_poke:20191213214330j:image

 

シーズン序盤から使っていた構築の賞味期限が切れたので解散ついでに記事として残します

 

最高2000位程度でその後~5000あたりをうろついてました

 

 

構築については「最初は好きなポケモンを詰め込む」をコンセプトに

ロマン砲蒸気機関車セキタンザン

・前作からの相棒枠マンタイン

・上記ポケと相性良さそうで物理霊環境に強そうなバイウールー

・アイドル枠マホイップ

 

で組み、残り2枠をできるだけ補完できる強そうなポケモンで固めて構築が完成(雑)

 

 

 

バイウールー@オボン


f:id:dice_poke:20191213221432j:image

わんぱく

175(220)-100-167(252)-×-110-113(36)

Bぶっぱ

S最速コオリッポ、準速ガルド抜き

 

対物理最強ポケモン

物理霊が多いなかでこいつが弱いわけないと思い構築入ってきた羊

構築の一番上に置き、8割くらいこいつを初手に投げるくらいには信用していた

ブシンやバンギ等厄介な相手も抑え込める

 

 

特殊も無補正C252サザンの悪波を二耐えする程度には固い

 

基本的には最初にコットンガードを選択し、次はボディプレスかバトンの二択

 

挑発持ちが少なかったのとオボン込みで二発で落とせるポケモンが少なかったのでよく決まった印象

 

特殊ドラパの増加、型破りルチャブルという天敵も増え現環境には逆風

 

またどこかで物理ドラパが増えるはずなのでそのときにまた使いたい

 

今は無理です

 

 

 

マンタイン@ウイのみ


f:id:dice_poke:20191213221448j:image

ひかえめ

192(252)-×-91(4)-132(156)-163-(20)-99(76)

Hぶっぱ

C余り

Dサザンの悪波3耐え

S+1でギャラ抜き

 

 

特殊受けたりアタッカーになったりする便利屋枠

思ったより青くなかった

 

今回強力な電気枠がロトムくらいのもので、通り自体は悪くなかった

 

コットンバトン+度忘れで要塞化したり、考慮されないのか単純に雨で殴りに行くのが普通に強かった

 

数値受けでキッスくらいなら度忘れ羽で受けていけるもののきょううんに抜かれると試合が終わるのであまりやりたくない

 

 

 

セキタンザン@弱点保険


f:id:dice_poke:20191213221507j:image

ひかえめ

207(172)-×-141(4)-144(244)-131(4)-61(84)

HD臆病ミトムのドロポンをもえつきる状態(=ダイマックス状態)で確定耐え

S+6で最速スカーフヒヒダルマ抜き

 

見た目によらない抜きエース

 

羊に飛んでくる炎を受けてなんやかんやする

弱点を軽減する技をダイマックス技含めて多く覚えるので弱点保険との相性がよく、水技もそれなりに耐えてくれる

 

途中でキッスが流行ったのでこいつを対策に当てていたが、キッス対策に重点を置きたいなら物理推奨

体力満タンかつダイマ未使用なら後だしからダイマ切ってキッスに勝てるが、普通に引いてこられたら試合が終わる

(何故かつっこんでくる人が多く、勝率自体はいい)

 

 

せめてパワージェムくらいは覚えて欲しかったよ…

 

型が認知されたせいか、燃料にしていたヌオーやドヒドイデが毒しか撃ってこないので解散

 

 

こいつについては思うところも多いので後日単体考察記事が多分あがります

 

 

 

マホイップ@リリバのみ



f:id:dice_poke:20191213221734j:image

穏やか

172(252)-×-111(252)-131(4)-155-84

 

 

採用理由はかわいい

しかしサザンへの後出しやサニーゴで詰まないために必要なポケモンだった

 

コットンバトンから要塞化してくるその2

 

ダイマックスへの対策としてあくびが流行りそうだったのであえて夢でなく、スイートベールでの採用

 

対受け用で採用したがサニーゴが死んでドヒドイデが増えたので解散

今使うならこの枠はランクルスのほうがいい

 

 

技撃つときに手を前に出す仕草がめっちゃかわいい好き


f:id:dice_poke:20191213221318j:image

 

 

 

ドリュウズ@突撃チョッキ


f:id:dice_poke:20191213221807j:image

陽気

185-187(252)-80-×-86(4)-154(252)

 

電気受けがいないのでなんとなく入れたやつ

 

採用理由がふわふわなので一番選出率が悪い

最初は構築の初速の遅さを気にしてスカーフにしていたが全く役に立たなかったのでチョッキに

 

ドリルを全く当てないので壁ロンゲ用のかわらわりにしたけどこれはうまくはまった

 

要検討枠

 

 

 

オノノクス@ラムのみ


f:id:dice_poke:20191213221834j:image

陽気

151-199(252)-110-×-91(4)-163(252)

 

ミミッキュで止まらない、説明不要の抜きエース

 

サニーゴ意識のダイホロウが範囲も広くて刺さったけど次第に刺しにいけなくなった印象

今は無難にアイアンテールでいい

 

ナットレイもあまり見なくなったのでインファも要検討で剣舞竜舞両採用もありだと感じた

 

Bがもともと高いのでコットンバトンした後にも悠長の舞もできる

 

アイアントや弱保バンギ等のキチガイ連中をよく見てるせいで思ってるほど火力が出ない

 

 

以上6体です

 

好きから組んだものの、バイウールーバトンや積みエースセキタンザンは立ち回り次第で上位のポケモンを圧倒できるだけのスペックがあって面白いポケモンでした

 

こういったポケモンの開拓をしていきたいと思うので今後も記事が上がったら面白半分で見てもらえると嬉しいです

 

また他の構築で潜るのでマッチングしたらよろしくお願いします( `・ω・´)ノ 

 

 

では

f:id:dice_poke:20191213223222j:image